牛肉の包装・梱包

ここでは、包装時に異物等の目視検査後真空包装されシュリカにて商品を流し終えると、金属探知機にかけられ検査ご問題ない場合は

事務所のパソコンと連携された機械は、自動的に固体識別番号等をラベル表示されます。これは、人為的にミスがないようにおこなうためでトレサビリティに遵守された形となっています。

また、梱包時にも異物やラベル表示にも目視による点検を行い。また、計量器や金属探知機は、専門家による定期点検を実施しております。